携帯システム会社の選び方4:公式サイト構築実績は重要


公式サイトに経験が豊富であることは幾つかの意味を持ちます。

将来公式化することを視野に入れることができる

もし、今回作るサイトが、公式サイトではない、一般の勝手サイトであった
場合でも、携帯システム開発会社が、公式サイトの経験を豊富に持って
いれば、事前に要望を伝えておけば、将来公式サイト化できるように設計
してくれることでしょう。
最初、勝手サイトにて始まり、大量の会員数を集めて公式化し、有料課金
に移行して大成功した例は結構あります。
今、予定が無くても、公式化を視野に入れられるような携帯システム開発
会社と組んでおくことに越したことはありません。

公式は公式で、公式特有のノウハウが多数あります。

  • 通常の勝手サイトとはマーケティング手法が違う(統計関係機能が違う)
  • 有料課金なので、課金モジュールの対応が必要になる(3キャリア各仕様が違います)
  • 公式サイトならでは必要になる作りがある(公式の基準を満たすシステムが必要)

など。

経験の無い会社だと、他の携帯開発実績が豊富でも、公式サイトは結構
厳しいです。
公式化する際には、「キャリアチェック」があり、キャリア側のシステム試験
に合格しなくてはオープンできないようになっています。
従って、システムとして、キャリアのシステム試験に合格できる傾向と対策を
持ち合わせてなければ、何度もシステム試験に不合格になり、いつまでたっ
てもオープンできません。
(※技術力の問題ではありません。単に「知ってるか知らないか」というノウハウ
の問題です。)

それと、公式サイトは、キャリアごとに基準やシステムの作りが違うので、公式も
多少考えているなら『3キャリアで構築実績がある』
ことは必須と考えておいた方が無難です。

非公開情報を携帯システム開発会社が持っている可能性がある

携帯端末の情報は、WEBサイトから閲覧できます。

DoCoMo http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/index.html
AU http://www.au.kddi.com/ezfactory/index.html
softbank http://developers.softbankmobile.co.jp/dp/

ここらへんに、一般公開されています。
各種端末の細かい情報やら何やら色々載っています。
しかし、ここには無い、『非公開情報』があります。
『非公開情報』は、キャリアと特別の契約を結んでいるベンダーやコンテンツ
プロバイダーにしか配布されないことになっています。

実は、公式サイトを作成する際には、これらの情報を閲覧することが出来ます。
つまり、公式サイトの開発を多くこなしている携帯システム開発会社であれば、
普段から仕入れているはずです。
非公開情報には、(秘密情報なので細かい内容は言えませんが)一般公開
されない様々な詳細の仕様や情報が載せられ、未発売機種についての情報
も仕入れることができます。
ちなみに、サイト運営会社しか、基本的には入手できませんので、世の中の
携帯システム開発会社は、それら情報を、サイトを作るときだけ、発注元から
仕入れていたりするところもあります。

ちなみに、自社で公式サイトを運営しているような奇特なベンダーがあれば、
彼らは常にそれらを見ることができる状況にあることになりますから、理想的
だと思います。

======

まとめ

  • 3キャリアで公式サイト構築の実績が多数あると安心。
  • 自社でも公式サイトを運営している携帯システム開発会社があれば尚よい。

関連コラム

携帯システム会社の選び方1:どんな業者がいるのか
携帯システム会社の選び方2:業者選定の重要性
携帯システム会社の選び方3:携帯システム開発が本当にできるのか
携帯システム会社の選び方5:保守をしてくれるのか
携帯システム会社の選び方6:業者の事業構成
携帯システム会社の選び方7:業者選定をしてみよう
携帯システム会社の選び方8:まとめ

Solusion

お客様からご要望の多いコンテンツ・サービスの具体的な構築事例です。
ご参考としてご覧下さい。

デコメ 着うた コマース 掲示板・投稿コミュニティー ブログ

上記コンテンツはMedia Meisterでスムーズな構築が行なえます。

メディアマイスターとは...

ポイスタモバイル

スマートフォン対応ソーシャルアプリパッケージ メディアマイスタforASP

>>スマートフォン対応ソーシャルアプリパッケージ メディアマイスタ for ASP